年金時代

新型コロナ 令和2年7月以降の国民年金保険料も特例免除が申請可能に

日本年金機構は6月30日、新型コロナウイルス感染症の影響で、所得が相当程度まで下がった場合、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続によって令和元年度分(令和2年2月分~令和2年6月分)の国民年金の保険料を特例的に免除してきた。これに引き続いて令和2年度分(令和2年7月~令和3年6月分)の国民年金保険料についても免除の申請が可能となった。

 

【広告】令和2年度2次補正予算に対応した「新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド」を発刊!

新型コロナウイルス感染症の影響で、会社の経営に支障が出てしまった事業主さんや、生活に困ってしまった方々が活用できる公的支援制度(助成金、給付金、貸付、支払猶予など)について、このたび、令和2年度第2次補正予算対応版(令和2年7月発行)を発刊いたしました。どうぞ、ご活用ください。

巻末(⑧頁)掲載の「Web年金時代」QRコードを使って、最新の追補情報や新型コロナウイルス関連情報をご利用いただけます。

『新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド』
規格:A4判・8頁
発行:令和2年7月
商品No.:460400
定価:本体120円+税
  

【追補情報】リーフレット『新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド』(令和2年7月発行)⑧頁「国民年金保険料免除の特例」

ニュースに掲載の「【新型コロナ】令和2年7月以降の国民年金保険料も特例免除が申請可能に」の記事(2020/07/08掲載)は、上記リーフレット⑧頁の掲載内容(「社会保険料の減免・猶予が認められる場合があります▶国民年金保険料免除の特例」)についての追補情報です。リーフレットをご活用の際の参考としてください。

 

年金時代