年金時代

新型コロナ 年金機構への届出に事業主の押印や署名は当面の間省略可能とする通知を発出

厚生労働省は7月17日、新型コロナウイルスの感染予防の観点から当面の間、事業所が日本年金機構に対して行う届出に押印や署名を省略できることを通知した。ただし、以下の届書等については、特に慎重に本人確認を行う必要があると考えられることから、できる限り押印や署名を求めるとしている。だが、他の方法によって本人確認ができるときは不要とするなど、柔軟に対応するよう留意するとしている。

令和2年7月17日年管管発0717第1号・年国発0717第1号/新型コロナウイルス感染症の感染防止等の観点からの適用事業所が書面で提出する届出等における押印及び署名の取扱いについて
出典:厚生労働省HP
年金時代