年金時代

統計調査 平均寿命 男81.41年、女87.45年でともに過去最高を更新――令和元年簡易生命表

厚生労働省は7月31日、令和元年簡易生命表の概況をとりまとめ公表した。令和元年簡易生命表は、日本にいる日本人について、令和元年1年間の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の人が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や平均余命などの指標によって表したもの。0歳の平均余命である平均寿命は、すべての年齢の死亡状況を集約したものとなっており、保健福祉水準を総合的に示す指標となっている。

令和元年簡易生命表によると、平均寿命は男が81.41年、女が87.45年となり、前年と比較して男が0.16年、女が0.13年上回っている。平均寿命の男女差は6.03年となり、前年より0.03年減少した。また、5歳ごとの各年齢において平均余命をみると、男女とも各年齢において前年を上回っている。平均寿命の前年との差を死因別に分析すると、男女ともに悪性新生物<腫瘍>、心疾患(高血圧症を除く、以下同じ)、脳血管疾患、肺炎および不慮の事故などの死亡率の変化が平均寿命を延ばす方向に働いた。

65歳まで生存する者の割合は、男が89.6%、女が94.5%。75歳まで生存する者の割合は男75.8%、女88.2%。90歳まで生存する割合は男27.2%、女51.1%となっている。また、出生者のうち半数が生存すると期待される年数を寿命中位数というが、令和元年では男が84.36年、女が90.24年となり、男で2.95年、女で2.79年、平均寿命より上回っている。

平均寿命を国際比較することは、国により作成の期間や作成方法が異なることから、厳密な比較は困難ではあるが、厚生労働省が入手した資料を用いて比較すると、男は第1位が香港82.34年、第2位がスイス81.7年、第3位が日本81.41年。女は第1位が香港88.13年、第2位が日本87.45年、第3位がスペイン86.22年となっている。

厚生労働省ホームページ▶https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/dl/life19-14.pdf

 

年金時代