年金時代

公的年金 令和元年度厚生年金・国民年金の収支決算が公表される

厚生労働省は8月7日、令和元年度の厚生年金・国民年金の収支決算の概要を公表した。厚生年金の歳入は48兆1,934億円となり、納付基金数の減少によって解散厚生年金基金等徴収金が減少した一方、被保険者数が増加したため保険料収入が増加し、前年度より2,106億円増加した。歳出は47兆8,618億円となり、基礎年金拠出金按分率が増加したため、基礎年金勘定への繰入(基礎年金拠出金)が増加したことから前年度より4,755億円増加した。この結果、厚生年金の歳入歳出差は3,315億円となり、前年度より2,648億円減少した。

国民年金の歳入は3兆7,616億円となり、国民年金受給者数の減少等により基礎年金勘定からの受入(基礎年金交付金)が減少したほか、基礎年金拠出金の減少に伴う一般会計からの受入(国庫負担)も減少したため、前年度より1,714億円減少した。歳出は3兆5,984億円となり、基礎年金拠出金按分率の減少のため基礎年金勘定への繰入(基礎年金拠出金)が減少したため、前年度より2,146億円減少した。その結果、国民年金の歳入歳出差は1,631億円となり、前年度より431億円増加した。

令和元年度決算結了後の年金積立金は、厚生年金の112兆8,931億円(時価ベース:149兆3,896億円)と国民年金の7兆6,142億円(時価ベース:8兆5,232億円)を合計した120兆5,073億円(時価ベース:157兆9,128億円)となった。

年金時代