年金時代

[公的年金]年金数理部会が財政検証のピアレビューに向けヒアリングを実施

厚生労働省の社会保障審議会年金数理部会(部会長=菊池馨実・早稲田大学法学学術院教授)は9月3日、2019年財政検証について審査するため(ピアレビュー)、財政検証に用いた基礎率や統計などについて厚生労働省、財務省、総務省、文部科学省からヒアリングを行った。平成27年に被用者年金が一元化されたことから、今回は各共済に関する基礎数や基礎率なども厚生労働省が作成した。委員からは新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う財政への影響も含めた財政見通しとなっているのかといった質問が出た。厚生労働省は年金財政の見通しがおおむね100年間のものであり、そのなかで新型コロナウイルス感染症の影響がどのような位置づけになるか現段階では評価が難しいとし、収束後に評価を行い次回の財政検証までに足下の状況や今後に及ぼす影響を検討していく考えを示した。

年金時代