年金時代

【新型コロナ】9月1日以降の持続化給付金の申請サイト・問い合わせ先が変更されました

9月1日以降の持続化給付金の申請について、申請サイトや問い合わせ先が変更しました。

持続化給付金の事務局ホームページにある申請サイトについては、
○8月31日までに申請された方▶https://www.jizokuka-kyufu.jp
○9月1日以降に申請される方▶ https://jizokuka-kyufu.go.jp/

お問い合わせ先(持続化給付金事業 コールセンター)については、
○8月31日までに申請された方▶直通番号:0120-115-570、IP電話専用回線:03-6831-0613
○9月1日以降に申請される方▶直通番号:0120-279-292、IP電話専用回線:03-6832-6631
受付時間:8時30分~19時00分(土曜祝日を除く日~金曜日)

持続化給付金は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧として、事業全般に広く使える給付金として支給されます。農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種が対象となります。
給付額は、法人は200万円、個人事業者は100万円。ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

●売上減少分の計算方法:前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12ヵ月)

給付対象となる主な要件は次のとおり。
①新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。
②2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者。
③法人の場合は、⑴:資本金の額または出資の総額が10億円未満、または、⑵:⑴の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2,000人以下、である事業者。
なお、6月29日から「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者」「2020年1~3月に開業した事業者」の申請受付を開始しています。

持続化給付金の申請要領やよくあるお問い合わせ等については、持続化給付金の事務局ホームページまたは、経済産業省ホームページ(持続化給付金)▶ https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html 

【広告】「新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド」(令和2年7月発行)をご活用ください!

新型コロナウイルス感染症の影響で、会社の経営に支障が出てしまった事業主さんや、生活に困ってしまった方々が活用できる公的支援制度(助成金、給付金、貸付、支払猶予など)について、ご説明しています。どうぞ、ご活用ください。

巻末(⑧頁)掲載の「Web年金時代」QRコードを使って、最新の追補情報や新型コロナウイルス関連情報をご利用いただけます。

『新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド』
規格:A4判・8頁
発行:令和2年7月
商品No.:460400
定価:本体120円+税
  

【追補情報】リーフレット『新型コロナウイルス感染症から会社と従業員を守る公的支援制度活用ガイド』(令和2年7月発行)③頁「持続化給付金」

トピックスに掲載の「【新型コロナ】9月1日以降の持続化給付金の申請サイト・問い合わせ先が変更しました」の記事(2020/09/15掲載)は、上記リーフレット③頁「新型コロナの影響で特に大きな影響を受けている事業者へ▶持続化給付金」の掲載内容についての追補情報です。リーフレットをご活用の際の参考としてください。

年金時代