年金時代

[企業年金]代議員の定数や資産運用委員会の設置について政令で規定

政府は9月16日、複数の事業主が共同で実施する総合型確定給付企業年金(総合型DB)の代議員の定数などについて政令を制定した。事業主が選定する代議員(選定代議員)の数は、事業主数の10分の1(事業主数が500を超える場合は50、30を下回る場合は3)以上としている。この定数についてはこれまで通知によって定められていたが、健康保険制度などでは法令で規定されていることから、政令で定めることとした。また、DBの運用に係る資産の額が100億円以上の場合、資産運用委員会を設置することが「確定給付企業年金に係る資産運用関係者の役割及び責任に関するガイドライン」で定められているが、これについても政令で規定することとした。施行日は10月1日。

年金時代