年金時代

[制度改正]年金制度改正法の一部施行に伴う政令案について意見募集

厚生労働省は10月22日、今年5月に成立した年金制度改正法が一部施行されることに伴い、関係政令の案について意見募集を開始した。令和3年1月1日より、寡婦控除や寡夫控除がひとり親控除と寡婦控除に再編されることに伴い、国民年金保険料の申請一部免除基準等の判定所得の計算時の所得控除においても同様の措置を講じることとする。

また、日本に短期滞在する外国人に支給される脱退一時金について、支給上限月数を現行の36月(3年)から60月(5年)に引き上げることとする。このほか、確定拠出年金制度における脱退一時金については、確定拠出年金の加入期間が1月以上3年以下の者等についてその支給を認めているが、この期間を1月以上5年以下とする。公布日は令和2年12月下旬の予定。意見募集の締め切りは11月26日。

【意見募集画面】https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495200260&Mode=0
年金時代