年金時代

[イベント]厚生労働省が11月の「ねんきん月間」、11月30日の「年金の日」を広報

厚生労働省は10月30日、同省ホームページにおいて、11月の「ねんきん月間」、11月30日の「年金の日」について広報した。
厚労省では、平成26年から毎年11月30日(いいみらい)を「年金の日」として、趣旨に賛同した団体等と協働して、「ねんきんネット」等を利用して年金記録や年金受給見込額を確認することで、高齢期に備えた生活設計について考える機会としている*1

*1:民間との協働イベントでは、「年金の日」の賛同団体やその会員等(金融機関、生命保険会社など)で実施する年金相談会等において「年金の日」の趣旨や「ねんきんネット」を周知している。
厚生労働省ホームページ▶令和2年度「年金の日」の取組について

また、日本年金機構では厚労省の協力のもと、11月を「ねんきん月間」と定め、広く国民に年金制度に対する理解を深めてもらうため、公的年金制度の普及・啓発活動を行っている*2。その一つが「わたしと年金」をテーマにしたエッセイの募集で、優秀な作品に厚生労働大臣賞及び日本年金機構理事長賞を授与している。

*2:「ねんきん月間」の取組として、日本年金機構では、出張相談や年金セミナーなどを実施している。
日本年金機構ホームページ▶令和2年度「ねんきん月間」及び「年金の日」のお知らせ
年金時代