年金時代

[イベント]年金の日に「令和の年金広報コンテスト」と「わたしと年金」エッセイの受賞者決定

厚生労働省と日本年金機構では、11月を「ねんきん月間」、11月30日(いいみらい)を「年金の日」として、年金制度に対する理解を深めてもらうため、公的年金制度の普及や啓発活動を展開。この取組の一環として、厚生労働省では「令和の年金広報コンテスト」、日本年金機構では「わたしと年金」エッセイを募集している。年金の日の11月30日、厚生労働省から第2回「令和の年金広報コンテスト」、日本年金機構からは「わたしと年金」エッセイの受賞者が発表された。
年金広報コンテストは、次世代を担う若者と一緒に年金について考えることを目的に、本年6月から9月にかけて、ポスター部門と動画部門の2部門について募集。合計で33件の応募があった。また、日本年金機構が本年6月から募集した「わたしと年金」エッセイには、全国から942件の応募があった。

厚生労働省ホームページ▶第2回「令和の年金広報コンテスト」の受賞者を決定しました
日本年金機構ホームページ▶令和2年度「わたしと年金」エッセイ審査結果について
年金時代