年金時代

[公的年金]年金制度改正法関連の省令案で意見募集

厚生労働省は12月1日、今年5月に成立した令和2年年金制度改正法に掲げている規定が令和3年4月1日および同年8月1日から施行されること等に伴い、関係省令の改正を行うことについて意見募集を開始した。

令和3年4月1日から、医療滞在ビザを持つ人と長期観光ビザを持つ人を国民年金の任意加入被保険者となることがで きる対象者から除外することとされる。このため、国民年金法施行規則について所要の改正を行う。このほか、学生納付特例の対象となる学生および学生納付特例事務法人の範囲に係る規定の整備を行うことに伴い、国年則等について所要の改正を行う。

20歳前障害基礎年金、特別障害給付金、年金生活者支援給付金の所得要件の判定に用いる所得情報の切り換え月を8月から10月に変更することに伴い、20 歳前障害基礎年金等の裁定請求で添付が必要な書類を1月~9月は前々年の所得、10月~12月は前年の所得を証明する書類に変更する等の所要の改正を行う。また、特別障害給付金の受給資格者に提出を求める現況届について、特別障害給付金の所得情報の支給要件の判定に用いる所得情報の切り換え月が10月に変更されたことを考慮し、提出期限を7月31日から9月30日に変更する改正を行う。

公布日は令和3年1月、施行期日は令和3年4月1日の予定。ただし、20歳前障害基礎年金、特別障害給付金、年金生活者支援給付金に関する施行期日は令和3年8月1日の予定だ。 意見募集は12月30日に締め切られる。

意見募集画面:https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495200319&Mode=0
年金時代