年金時代

[雇用労働]令和3年1月有効求人倍率1.10倍、新規求人倍率2.03倍――一般職業紹介状況(令和3年1月分)

厚生労働省は3月2日、令和3年1月分の一般職業紹介状況を公表した。それによると、有効求人倍率(季節調整値)は1.10倍となり、前月を0.05ポイント上回った。新規求人倍率(同)は2.03倍となり、前月を0.08ポイント下回った。正社員有効求人倍率(同)は0.79倍となり、前月を0.02ポイント上回った。1月の有効求人(同)は前月に比べ3.1%増となり、有効求職者(同)は2.3%減となった。

1月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると11.6%減となった。これを産業別に見ると、「建設業」(11.9%増)で増加となり、「宿泊業、飲食サービス業」(37.5%減)、「生活関連サービス業、娯楽業」(26.2%減)、「卸売業、小売業」(17.2%減)、「情報通信業」(16.3%減)、「学術研究、専門・技術サービス業」(12.2%減)などで減少となった。また、都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)を見ると、就業地別では、最高は福井県の1.64倍、最低は沖縄県の0.77倍、受理地別では、最高は福井県の1.57倍、最低は沖縄県の0.71倍となった。

なお、厚労省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況を取りまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。

年金時代