年金時代

[雇用労働]令和3年3月分及び令和2年度分の一般職業紹介状況を公表

厚生労働省は4月30日、令和3年3月分及び令和2年度分の一般職業紹介状況(ハローワークにおける求人、求職、就職の状況)を公表した。それによると、令和3年3月の有効求人倍率は1.10倍で、前月に比べ0.01ポイント上昇。新規求人倍率は1.99倍で、前月に比べ0.11ポイント上昇した。正社員有効求人倍率は0.84倍となり、前月を0.02ポイント上回った。3月の有効求人は前月に比べ1.6%増となり、有効求職者は0.4%増となった。

また、3月の新規求人は前年同月に比べ0.7%減となった。これを産業別に見ると、建設業(16.3%増)、製造業(8.5%増)、サービス業(他に分類されないもの)(7.0%増)などで増加。生活関連サービス業,娯楽業(14.8%減)、卸売業,小売業(12.6%減)、情報通信業(11.0%減)などで減少となった。

都道府県別の有効求人倍率を見ると、就業地別では、福井県が1.70倍で最高、沖縄県が0.76倍で最低となった。一方、受理地別では、最高が福井県の1.62倍、最低が沖縄県の0.69倍となった。

令和2年度平均の有効求人倍率は1.10倍となり、前年度の1.55倍を0.45ポイント下回った。また、令和2年度平均の有効求人は前年度に比べ22.3%減となり、有効求職者は9.8%増となった。

厚生労働省ホームページ▶一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)について
年金時代