年金時代

[統計調査]令和3年4月分の一般職業紹介状況を公表

厚生労働省は5月28日、令和3年4月分の一般職業紹介状況(ハローワークにおける求人、求職、就職の状況)を公表した。それによると、有効求人倍率(季節調整値)は1.09倍(前月比0.01ポイント低下)、新規求人倍率(同)は1.82倍(前月比0.17ポイント低下)となった。正社員有効求人倍率(同)は0.88倍(前月比0.04ポイント上昇)、4月の有効求人(同)は前月に比べ1.4%増、有効求職者(同)は2.6%増となった。4月の新規求人(原数値)は前年同月比15.2%増となった。新規求人を産業別で見ると、教育,学習支援業(43.6%増)、製造業(32.8%増)、生活関連サービス業,娯楽業(25.2%増)、学術研究,専門・技術サービス業(24.2%増)などで増加となった。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)では、就業地別では、最高は福井県の1.84倍、最低は沖縄県の0.78倍。受理地別では、最高は福井県の1.77倍、最低は沖縄県の0.71倍となった。

厚生労働省ホームページ▶一般職業紹介状況(令和3年4月分)について
年金時代