年金時代

[新型コロナ]新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の申請期限を延長

厚生労働省は5月28日、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(以下「休業支援金」)の申請期限を延長すると発表した。休業支援金は、中小企業のシフト制労働者等の令和2年4月から9月までの休業に関する申請期限などを令和3年5月末としていたが、今般、申請期限を次のとおり延長することとした。

休業期間 変更前 変更後
中小
企業
令和2年4月~9月 令和3年5月末
*下記⑴に該当する者
令和3年7月末
令和2年10月~12月 令和3年5月末 令和3年7月末
令和3年1月~4月 令和3年7月末 (変更なし)
令和3年5月・6月 令和3年9月末 (変更なし)
大企業 令和2年4月~6月
令和3年1月~4月(一部都道府県は令和2年11月以降の時短要請期間も対象)
令和3年7月末
*下記⑵に該当する者
(変更なし)
令和3年5月・6月 令和3年9月末 (変更なし)
⑴令和2年10月30日公表のリーフレットの対象となる者(下記のいずれかに該当する者)
・いわゆるシフト制、日々雇用、登録型派遣で働いている者
・ショッピングセンターの休館に起因するような外的な事業運営環境の変化に起因する休業の場合
・上記以外の者で労働条件通知書等により所定労働日が明確(「週○日勤務」など)であり、かつ、労働者の都合による休業ではないにもかかわらず、労使で休業の事実について認識が一致しない場合
⑵労働契約上、労働日が明確でない者(シフト制、日々雇用、登録型派遣)
年金時代