年金時代

[新型コロナ]緊急小口資金等の特例貸付の申請期間を令和3年8月末まで延長

厚生労働省は5月28日、緊急小口資金、総合支援資金(初回貸付、再貸付)の特例貸付について、令和3年6月末までとしていた申請の受付期間を、令和3年8月末まで延長する、と発表した。
主に休業した人向けの緊急小口資金は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的に生計維持のための貸付を必要とする世帯を対象に、20万円を上限に貸し付ける制度で、休業状態になくても、コロナの影響で収入の減少があれば対象となる。また、主に失業した人向けの総合支援資金は、コロナの影響で、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯を対象に、2人以上世帯に月20万円、単身世帯に月15万円を上限に、貸付期間原則3月以内で貸付を行う制度。両制度とも、申込先は市区町村の社会福祉協議会。問い合わせ先は個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター:フリーダイヤル0120-46-1999(受付時間9時~17時、平日のみ)

年金時代