年金時代

[雇用労働]令和2年度「石綿による疾病に関する労災保険給付などの請求・決定状況まとめ(速報値)」を公表

厚生労働省は6月25日、令和2年度の「石綿による疾病に関する労災保険給付などの請求・決定状況まとめ(速報値)」を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年度の石綿による疾病(肺がん、中皮腫、良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚)による労災保険の請求件数は1,088件(前年度比9.6%増)、支給決定件数は1,014件(同7.2%増)だった。石綿による疾病で死亡した労働者の遺族で、時効(5年)によって労災保険の遺族補償給付を受ける権利が消滅した人について、疾病発症が仕事によるものと認められた場合に支給される特別遺族給付金の請求件数は40件、支給決定件数20件だった。石綿肺に関する労災保険の支給決定件数は45件(同13.5%減)。特別遺族給付金の請求件数は40件(同7.0%増)、支給決定件数は20件(同13.0%減)となった。

厚生労働省ホームページ▶「令和2年度 石綿による疾病に関する労災保険給付などの請求・決定状況まとめ(速報値)」を公表します
年金時代