年金時代

[公的年金]2020年度年金積立金運用の収益率25.15%、収益額37兆7,986億円――GPIF2020年度業務概況書

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2020年度業務概況書を公表した。それによると、2020年度の年金積立金の運用実績は、収益率が25.15%、収益額が37兆7,986億円となった。これにより、2001年度の市場運用開始以降の収益率は3.61%(年率)、収益額は95兆3,363億円(累積)となり、運用資産額は2020年度末時点で186兆1,624億円となった。

2020年度の業務概況書の「理事長あいさつ」において、宮園雅敬GPIF理事長は次のように述べた。
「2020年度の市場環境は、新型コロナウイルス感染症が世界を覆う中、主要国で景気対策のための大規模な財政支出が行われ、緩和的な金融政策が継続されたことから、国内外の株式市場は大幅に上昇しました。一方、財政支出に伴う国債増発に対する警戒感や、新型コロナウイルスのワクチン接種による経済活動再開への期待感から、米国を中心に主要国で長期金利が上昇しました。為替は、対ドル・対ユーロで円安となりました。このような環境に伴い、年度ベースでは25.15%のプラス収益となり、年金積立金の市場運用を開始した2001年度からの累積収益額は95兆円を超える結果となっております。もとより今回の数値は一時点のものであり、長期的な観点から運用を行うGPIFとしては、引き続き投資原則・行動規範を遵守し、短期的な市場変動に捉われず長期的な観点から運用を行い、次世代に必要な積立金を残すためにしっかりと受託者責任を果たしてまいります。」

年金積立金管理運用独立行政法人ホームページ▶GPIF 2020年度 業務概況書
年金時代