年金時代

[雇用労働]「令和3年版 労働経済の分析」(労働経済白書)を公表

厚生労働省は7月16日、「令和3年版 労働経済の分析」(「労働経済白書」)を公表した。今回で72回目となる労働経済白書では、新型コロナウイルス感染症が雇用・労働に及ぼした影響について分析。感染拡大による雇用への影響は、「宿泊業、飲食サービス業」をはじめとした産業を中心に、女性の非正規雇用労働者等で大きかったが、特例を講じた雇用調整助成金等により2020年4~10月の完全失業率は2.6%ポイント程度抑制されたと見込まれると指摘。また、労使双方へのアンケート調査を用いた分析から、医療や介護など、感染拡大下においても業務の継続が不可欠な分野で働く人が意欲をもち充実した形で働き続けるためには、感染防止対策、人員体制の強化、柔軟な働き方の実施などの取り組みが重要であると記述している。同様に、労使双方へのアンケート調査を用いた分析から、テレワークの定着のためには、企業によるマネジメント上の工夫や、テレワーク時の環境の整備などの取り組みが重要である、としている。

厚生労働省ホームページ▶「令和3年版 労働経済の分析」を公表します
年金時代