すでに年金をうけはじめている皆さんのよくある質問

年金にも税金がかかる?

老齢年金は雑所得として課税対象となります

年額158万円(65歳未満は108万円)以上の年金から所得税が源泉徴収されます

国からうける年金は税法上雑所得に分類され、課税対象となります。また、一定額以上の年金をうけている場合、所得税が源泉徴収されます。ただ、源泉徴収される税額は、年間の所得の概算額に対して年金支給額から引かれています。そのため、本来の税金額との過不足を確定申告によって清算します*。
なお、障害年金、遺族年金は非課税です。

*税制改正により、平成23年分から、その年分の年金の収入金額が400万円以下で、年金以外の所得金額が20万円以下の人は、所得税の確定申告が不要になりました(還付をうけるための申告はできます)。

所得税が源泉徴収される年金額

所得税が源泉徴収される年金額