そろそろ年金の手続を考えたい皆さんのよくある質問

自分が死んだ後の年金はどうなる?

被扶養者の状況に応じて遺族年金がうけられます

在職中あるいは年金受給中に亡くなったときの遺族が該当します

遺族年金は、次のA~Cのいずれかに該当した場合に支払われます。

  • 厚生年金保険の加入中に死亡、または加入中に初診日(はじめて医者にかかった日)のある傷病が原因で5年以内に死亡したとき
  • 1、2級の障害厚生年金をうけている人が死亡したとき
  • 老齢厚生年金をうけられる人やうけている人が死亡したとき

なお、次の1~3に該当する人と生計維持関係にある遺族に遺族年金がうけられます。その際、被扶養者の状況に応じて支払われる遺族年金が異なります。

遺族年金が支払われる遺族
  • 妻または子*1または55歳以上の夫*2
  • 55歳以上の父母*2
  • *1
  • 55歳以上の祖父母*2

*1 18歳の誕生日を迎えた後の3月31日までの子(または1、2級の障害のある20歳未満の子)。

*2 支給開始は60歳。ただし、遺族基礎年金をうけられる夫の場合は、60歳前から受給可能。

※ 先順位の人が失権しても、次順位の人が受給権を得ることはありえません。

保険料の滞納がないことが支給条件です

死亡月の前々月までに、国の年金の保険料を納めた期間(免除期間も含む)が加入期間の3分の2以上あることが必要です。ただし、はじめて医者にかかった日が平成38年3月31日までの場合は、直近1年間に保険料の滞納がなければよいことになっています。

遺族がうける年金(年額)

子あるいは
子のある妻
77万
9,300円
 
22万
4,300円*1
 
亡くなった人の
報酬比例部分の3/4
遺族基礎年金 子の加算額 遺族厚生年金
子のない妻 夫死亡時に40歳以上 夫死亡時に40歳未満
58万
4,500円*2
遺族厚生年金 中高齢寡婦加算
遺族厚生年金
※夫死亡時に30歳未満で子がない妻は、
該当したときから5年間の有期給付となる
そのほかの
親族
遺族厚生年金

※金額は平成29年度の年額。

*1 子の加算額は子の数に応じて異なります。(金額は平成29年度の年額)

加算対象の子 子がいる妻の場合の加算額 子の場合の加算額
1人 22万4,300円
2人 44万8,600円 22万4,300円
3人 52万3,400円 29万9,100円

*2 65歳以後は経過的寡婦加算として受給(ただし、昭和31年4月1日以前生まれの人のみ)。
生年月日に応じて58万4,500円~1万9,507円。(平成29年度の年額)

  • 遺族厚生年金をうけている妻が65歳になって、自分の老齢厚生年金をうけられるようになったら、まず自分の老齢厚生年金をうけます。そして、遺族厚生年金と比較して、遺族厚生年金のほうが高い場合には、差額を遺族厚生年金として、老齢厚生年金に上乗せされます。